2009年08月03日

第三十二番 音羽山 清水寺(清水観音)


それでは、清水寺へお参りに行きましょう。

駐車場側の地蔵堂です。
おはようございます、今日は、朝早くからお騒がせいたします。
IMGP1724_xga.jpg

朝のさわやかな空気感と、鳥のさえずりが心地よい。お寺への参道は、かなり急な坂道が続きます。
IMGP1725_xga.jpg

雲が厚くなってきました。朝焼けになった4時半ころは、透き通った空だったのですが…
IMGP1730_xga.jpg

仁王門が見えてきました。
IMGP1732_xga.jpg

さあ、仁王門に到着です。
IMGP1739_xga.jpg

IMGP1740_v_xga.jpg

IMGP1743_v_xga.jpg

それでは、仁王門を潜って、お参りしましょう。
IMGP1748_xga.jpg

緑に映える紅色の四天門が見えてきます。
IMGP1929_xga.jpg

200年近く前の建立です。
IMGP1758_xga.jpg

昭和54年に、屋根を改修しています。
IMGP1761_xga.jpg

IMGP1766_xgamd.jpg

IMGP1770_v_xgamd.jpg

IMGP1927_v_xga.jpg

天井の画、色あせているところが時代を感じさせます。
IMGP1768_xga.jpg

四天門を潜り、境内を進みましょう。
IMGP1784_xga.jpg

右手には、閻魔さま、百体観音堂、そして、赤穂四十七士像が…
IMGP1778_xga.jpg

IMGP1776_xga.jpg

左手には、奥院堂が建立。
IMGP1781_xga.jpg

IMGP1787_xga.jpg

IMGP1909_xga.jpg

清水寺に安置されている木造十一面観音立像です。大陸系のお顔ですね。
IMGP1904_xga.jpg

境内のいろんなところに石像があります。
IMGP1790_xga.jpg

本堂への石段を上がりましょう。
IMGP1921_xga.jpg

IMGP1922_xga.jpg

早朝7時前なのですが、すでに本堂は開けられていました。
IMGP1898_xga.jpg

IMGP1805_xga.jpg

すばらしい彫刻です。
IMGP1811_xga.jpg

IMGP1802_xga.jpg

IMGP1884_xga.jpg

本堂の周りを歩いてみましょう。
IMGP1817_v_xga.jpg

緑が多いです。
IMGP1822_xga.jpg

本堂の裏側になります。ワイヤーは、避雷針のケーブル(だと思います)。
IMGP1823_xga.jpg

本堂向かって右側です。太陽は… 雲に隠れてます。
IMGP1882_xga.jpg

IMGP1827_xga.jpg

この床の真ん中あたりで、噛み合わせの悪い箇所があります。踏み込んだとき、床が抜けるかと思って。ちょっとビビります。なので、ゆっくり歩くようにしましょう。
IMGP1831_xga.jpg

正面から。いつも思うのですが、こういった文化遺産を見ていると、時間の流れを実感できます。まさに、ご先祖様の偉大なる遺産です。わたしたちは、未来へ、どのような遺産を残せるのでしょうか…
IMGP1833_xga.jpg

IMGP1837_xga.jpg

IMGP1874_xga.jpg

IMGP1892_xga.jpg

IMGP1895_xga.jpg

本堂からの眺めです。
IMGP1877_xga.jpg

本堂の柱は、何回も補強された跡がありました。
IMGP1849_xga.jpg

少し青空が見えてきました。
IMGP1843_xga.jpg

本堂正面左側には、芭蕉の句碑があります。笠森観音様の山門側にもありましたね。
IMGP1886_xga.jpg

本堂右奥は、木々に囲まれた遊歩道になっていました。
IMGP1891_xga.jpg

朱色の鐘楼堂です。鐘も朱色に塗られていました。
IMGP1852_xga.jpg

IMGP1855_xga.jpg

鐘楼堂から本堂を眺めていると… (蚊が多いなぁ)
IMGP1859_xga.jpg

境内を見渡すことができます。四天門横に立つ木の大きさを再確認しました。
IMGP1865_xga.jpg

手入れが行き届いた境内…
IMGP1912_xga.jpg

閻魔様の脇には、ユリの花が咲いていました。
IMGP1903_xga.jpg

今日は、朝早くからお参りさせていただきました。時間は、まだ午前7時45分なのです。御朱印をいただけるのかなぁ。と、御住職にお願いしてみると、かまわないということで。時間前なのに、ご迷惑をおかけいたしました。
IMGP2622_xga.jpg

posted by JoJo at 00:01| Comment(0) | 日記